スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院友達

今月はセカンドバースディ月間
丁度1年前手術しました。あっと言う間の1年早いいもんです

『入院友達』&『抗がん剤1回目』下書きしたまま
中途半端になってしまいなかなかUP出来ませんでした
お暇でしたら読んでいただければ幸いです




手術入院した日が精神的にどん底でした
4人部屋に入院しました。
お一人はガンの方(おだやかさん)もう一人は盲腸の方(翌日退院されて交流ナシ)
そして私の入院から3日後に『えすてさん』がきました。
えすてさんは社交的な人なのでわが病室は仲良しこよしになりました

デイルームでご飯食べる⇒お喋り三昧⇒部屋に戻るのを忘れる⇒デイルームで検温・血圧する
⇒主治医くる⇒あわてて病室戻る⇒デイルームへ戻る                            
看護師さんからは○号室は仲良しさんやね~と言われる始末

おだやかさんは(60歳代)かなりステージも悪かったそうで(乳癌ではない)
術前化学療法をして私がご一緒だった時は手術が終わって術後化学療法
を始めるあたりでした。私はこの時点で主治医から抗がん剤するかもといわれていたので
抗がん剤治療中のおだやかさんから色々抗がん剤の事を聞いたりしていました。
おだやかさんは明るくて可愛らしい女性で
脱毛はされてますが肌は白く・肌つやもよく(実年齢より10才以上若く見える)
抗がん剤での吐き気もなく爪もバームクーヘンになっていません

『抗がん剤した時は暫くは食欲落ちるけど
好きなもの食べとけばいいのよ~!私なんて太って困るのよ』と明るくおしゃります。
抗がん剤治療中でも白血球が落ちてない時に旅行に行かれたり
元気そのもの

単純な私はおだやかさんと同じタキソ系の抗がん剤なら乗り切れそうな気分になり
1回目の抗がん剤入院の時はおだやかさんの抗がん剤の入院と日を合わせました。
この時はおだやかさんと一緒で気も紛れてました。
(主治医に病棟だけはリクエストしてみたけど同じ病棟・部屋になれなかった

2回目からは通院での抗がん剤でしたがおだやかさんはいつも入院しての抗がん剤だったので
抗がん剤で入院している時はいつもお見舞いに行ってオシャベリして私が弱音を吐いて
結局いつもおだやかさんに私が元気をもらって帰ってました。(お見舞いじゃないですよね・・

そしておだやかさんは癌発覚から1年半後、職場復帰もされました。
本当にすごい方です



デイルームで仲良くなった『なあすさん』
この方は最初は自分の職業を隠していましたが
途中から実はという感じで職業を明かされました。
穏やかで優しくそしてとても聞き上手な方です。
病気の事で色々悩んでる話を聞いてくれ
アドバイスしてくれました。
(この時かなり号泣してしまい
翌日なあすさんの愛読書『金子みすずの詩集』までいただきました)
今も時々実家から果物送ってきたからとおすそ分けに
立ち寄ってくれます。ついこの間も
『ウッキーヘアー』をみて『カワイイ~
よくここまで伸びたね~!元気そうでよかった~!』
といつも気にかけてくれてます


えすてさんは社交的で明るい方
えすてさんの退院前日におおらかさん・なあすさん・私
それぞれ3人にエステ(マッサージ・パック)をしてくれました。
(退院の翌々日からお客さんを取っているのでとリハビリを兼ねてしてくれました)

おだやかさんの職場復帰前に一度お食事に行きました。
今はそれぞれ仕事を持っているので
なかなか会えませんがお花見に行きたいねと話をしています。


入院中毎日楽しくて身も心もすっかり元気になり明るくなった私でしたが
退院翌日から日中一人で家で過ごすので再発・転移の事ばかり考えて
精神的に辛い日々を過ごします(この時の心情も又別の機会で書けたらと思っています)

紆余曲折しながら周りの人々の優しさでやっとここまできた感じです

『キャンサーギフト』沢山いただきました

私もいつかお返しが出来るように



osuso1_convert_20110303225826.jpg
『なあすさん』からのおすそ分けビタミンC補給
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りらももちゃん

Author:りらももちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。