スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献湯祭

少し遡ったお話です


11月に行ったお薬の神さんのお祭り(神農祭)の

少彦名彦神社では毎月23日に献湯神楽(けんとうかぐら)という神事があります。

この神事は浪速神楽の式目の内にある「湯立」(ゆだて)という神楽を奉奏します。

お湯は煎じる・溶かして飲むなど薬と深い関係がありそのお湯を神に奉納することで

人々の健康と道修町の薬品業界が無事役目を成し遂げられるように祈るそうです。

神事終了後はお神酒が振舞われ「湯立」で用いたお湯は「湯花(ゆばな)」

として自由に持って帰れます。(なんと容器入りでくれます

この 「湯花」はお清めしたい場所に撒くか又はお風呂の湯船に入れ 

たりしてもいいそうです(飲むのは

2011_1223kurisumasu1788_convert_20111228130220.jpg 2011_1223kurisumasu1810_convert_20111228130503.jpg
2011_1223kurisumasu1823_convert_20111229171618.jpg 2011_1223kurisumasu1824_convert_20111229171738.jpg

2011_1223kurisumasu1833_convert_20111229171905.jpg 2011_1223kurisumasu1836_convert_20111229172045.jpg

2011_1223kurisumasu1844_convert_20111229172330.jpg 2011_1223kurisumasu1849_convert_20111229172456.jpg

11月の神農祭で買った張子の虎(神虎)のついた笹に

12月23日から翌年10月23日までの献湯祭で花詞の御札を授与されます。

願意をご記入し12枚すべて神虎に付けてたら満願成就になるそうです。

23日の献湯祭にこれなくても社務所に行けば花詞の御札を

いただけるそうなので満願成就(病気平癒)をめざしてがんばります

今回いただいた花詞のお札 12月は椿  花詞/理想の恋・美徳  薬効/軟膏基材

2011_1223kurisumasu1860_convert_20111229172753.jpg


そしてこの神事が終わった後に宮司さん・巫女さん・参拝者でなぜかみんなで

記念撮影 まるで入学式の写真のようです

どうやら毎月撮影してるようでハガキサイズの写真が

月ごとにご自由にお持ち帰り下さい状態で置いてました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわー!
趣深いお祭りですね。神農さんはワタシも近くまで行ったので、なんだか親しみを感じます。お湯って白湯飲み健康法というのもあるくらいだし、薬のように、時々気分が悪い時に飲んだりすることもありますね。でもこれは飲むのはダメなんですね。
花詞のお札で満願成就してください!張り子の虎はそういう用途のあるものだったんですね。毎月集めていくのは、楽しいし、きっといいことあると思います。

No title

ぼーずさん こんばんは♪
この間行った時は夜が遅くて門が閉まってて残念だったね。
又今度いきましょうね♪
飲むのがダメなのは衛生上だと思いますよ!
きっと昔はみんな飲んでいたのではと思います。
満願成就がんばりますe-271
プロフィール

りらももちゃん

Author:りらももちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。