スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月もこんなに過ぎてしまいました(^_^;)

またまた久しぶりの更新になります

ご報告遅くなりましたが子宮がん検診はクリアしました


さて節分の日は大阪市内にある『あびこ観音(吾彦山大聖観音寺)』に行ってきました。

節分厄除大法会があり開催期間中は大勢の参拝客で賑わい

境内の護摩堂では山伏が護摩木を焚きあげる加持祈祷(有料)が行われます。

DSC03606_convert_20130208213844.jpg
DSC03608_convert_20130208213930.jpg

ひと人ヒトの芋の子~
DSC03619_convert_20130208234132.jpgDSC03622_convert_20130208234427.jpg

お線香あげるのもひと人ヒトの芋の子~燃えたぎるお線香
DSC03629_convert_20130208234913.jpgDSC03631_convert_20130208235012.jpg

愛しのおびんさまにも大行列
DSC03637_convert_20130208235403.jpgDSC03636_convert_20130208235448.jpg

節分の日が日曜日だったこともあり凄い人でした~


お昼は途中下車~
DSC03673_convert_20130209000138.jpgDSC03669_convert_20130209000209.jpg
鉄板あつあつおいちかった

移動して

杭全【くまた】神社へ

大阪の地名で杭全【くまた】は難読地名のひとつです。

大阪で難読地名をあげるなら

喜連瓜破・・・・・きれうりわり

放出・・・はなてん

などなどたくさんあります。

横道それた~


ではでは本題へ・・・

ここの神社に『垂乳根の銀杏』と呼ばれる樹齢700年を超える木があります。

その昔、乳の出が悪くて子供を育てることが出来ない夫婦が願をかけたところ

乳の出がよくなったとの言い伝えがあったそうで今も乳の出をよくしたいと

願う女性や乳の病気をもつ人のお詣りが絶えないそうです。

たらちねのいちょう
『垂乳根の銀杏』

DSC03695_convert_20130209081130.jpg

コブに(かなり上の方にコブがあり触ることはできません)
DSC03692_convert_20130209081301.jpg
立派に垂れてます

拝殿前の狛犬の足には
DSC03697_convert_20130209085934.jpg
DSC03679_convert_20130209090042.jpg
DSC03680_convert_20130209090108.jpg


家に居つかない人や家出しそうな人を足止めし

家出をした人が帰ってきたり

居場所がわかったりするというご利益のおまじないだそうです。

2本の紐の一本を狛犬の足に巻きつけ

もう一本を足止めしたい人や家出をした人の履物にくくりつけ

『走人足止め』の祈願をするそうです。



晩御飯は関西ではおなじみの恵方巻きと鰯と厄除け饅頭を食べ

厄除け三昧  

鬼はそと~ 福はうち~ 





今日はケイさんと中崎町でランチ~

昼・夜定食スタイルで気軽に食べれるお店です

DSC03741_convert_20130209235558.jpgDSC03745_convert_20130209235648.jpg



テーブルの引き出しを開けると
DSC03758_convert_20130210000852.jpg
一人分のカトラリーなどが入っています

オサレ~

セル○ル定食+ 1150円

DSC03762_convert_20130210002053.jpgDSC03775_convert_20130210002223.jpg

ランチはおフレンチなのにライスが出てきます。 

メインのブリがライスにあう味付けで美味しかった

DSC03770_convert_20130210002335.jpgDSC03782_convert_20130210002437.jpg
夜の定食も食べてみたいな~

ここんとこストレスがFULL状態だったので

美味しいもの食べておしゃべりして発散してきました

おしまい
スポンサーサイト
プロフィール

りらももちゃん

Author:りらももちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。